OKINA
商品情報サポート&サービスダウンロード販売店情報会社案内採用情報
サポート&サービス
お客様相談室 紙と封筒について 慣例集 役に立つリンク集
ホーム > サポート&サービス:慣例集 > おつきあいの表書き用語
慣例集
手紙・封筒の書き方
おつきあいの表書き用語
水引の種類
贈答の心得

おつきあいの表書き用語

■慶事・祝事・御礼
 
 
表書き
結納・結婚・長寿の慶事
いろいろな慶事
一般の場合
返礼
返礼やこちらの内祝
小・中・高・大学の入学祝
誕生日のお祝

■歳時・贈物
 
 
表書き
年末の贈物
夏の贈物
年始回りの品物
三が日に贈られる品々
病気の見舞
表彰・送別会などの贈物

■仏事・神事
 
 
表書き
香典返しや法要のお返し
お通夜・葬儀法要のお供え
仏前・霊前のお供え
神事のお供え

【のしの起源】
日本では贈り物に熨斗(のし)を添える風習があります。鮑熨斗(あわびのし)が本来のもので、鮑(あわび)の肉を果物の皮のようにはいで引き延ばして乾燥したものです。神饌(しんせん)とし、また食用に供しましたが、鮑は長命であるとして賞賛され神饌の肴(さかな)の代表のようになりました。神饌の酒肴(しゅこう)がお下がりとして供されるようになり、贈り物とされました。そしてのちに祝儀には酒肴を添えて進物とする風習ができました。この肴の意味する代品が現在の熨斗なのです。熨斗は肴のかわりですから贈り物の本体が魚や鳥の場合には添えません。明治以降は印刷技術が発達して更に簡略化され、水引や熨斗も紙に印刷された熨斗紙や祝儀袋が頻繁に使われるようになりました。